Sigfox GNSS Tracker and Communicator

FIELDCONNECT

フィールドコネクト DK-SF03GFC

FIELDCONNECTは、ユーザーのアクティビティ中の進行状況を追跡できるだけでなく、
あらかじめ設定したSOSやメッセージを送信することができ、それらを日本中のSigfoxエリアから利用できるようにしたマッピング&メッセージングシステムです。専用端末はアルインコ株式会社が製造、安心の日本製です。

¥24,000

端末本体のほか、事務手数料¥3,000と月額利用料(無制限の通信料含む)¥990でご利用になれます。

登山専門雑誌の「PEAKS」2022年10月号の1ページ目にFIELDCONNECT(フィールドコネクト)が掲載されました!

巻頭コラムの「Trail Head」にて、記事になりました。

ひとり登山を楽しむ人に最適な救助要請端末が新登場!
万が一に備えて月額990円で使える
GPSトラッカー&コミュニケーター「フィールドコネクト」
「PEAKS」2022年10月号
寸法の数値はmm(ミリメートル)

トラッキング

端末の最新の位置を地図画面上で見ることができるほか、シェアビューを使うと家族や友人、SNSフォロワーさんなどとマップ画面を共有できます。登山用に特化し見やすい「山と高原地図」での地図表示も可能です。

マップマッチング機能を使うと、位置情報の軌跡を登山道などに自動的に合わせることができ、なめらかな軌跡で表示できます。

SOS

アクティビティ中の緊急時には、「SOS」ボタンを押すだけでSOSメッセージをあらかじめ設定した、あなたが望む人にEメールで送信できます。SOSボタンは緊急時専用です。

メッセージ

ユーザーが利用できるダッシュボードではあらかじめメッセージを登録しておけます。メッセージは5種類、送信先のメールアドレスは10件登録できます。登録しておいたメッセージは「MSG」ボタンで送信できます。

バッテリー

9分間隔の位置自動送信で常時電源オンでも最大5日間程度連続して使える、IoT機器ならではの省電力設計です。バッテリーは入手しやすく充電不要な単3乾電池が使用でき、リチウム乾電池なら低温下のアクティビティにも最適です。

スマートフォンでエリア大幅拡大

FIELDCONNECTサービスエリア(Sigfoxサービスエリア)外であっても、お手持ちのスマートフォンが携帯電話圏内であれば、スマートフォンでマップ画面を表示させ「手動」ボタンを押すことで、現在位置情報をFIELDCONNECTサーバーへ送信することができるため、より多くの場所でサービスをご利用になれます。

これにより、FIELDCONNECTサービスエリアとご契約のスマートフォンエリアの両方でサービスを利用することができ、ご利用可能エリアが大幅に広がる仕組みになっています。自動送信されたデータと手動送信されたデータは自動的に合体されます。

画像は槍ヶ岳・穂高エリア周辺(地図画像「山と高原地図」©昭文社)です。FIELDCONNECTサービスエリアは水色部分、NTTdocomoエリアは赤、オレンジ、紫色部分。例えば、NTTdocomoの電波が使えるスマートフォンであれば、それら各色がついている全ての場所で位置情報を送信できます。他の携帯電話会社をご利用の場合でも同様です。

FIELDCONNECTを使うまでの4ステップ

ステップ1
FIELDCONNECTを購入する

PORTALFIELDオンラインストアにてFIELDCONNECTを購入します。
事務手数料が安くなる「事務手数料割引パック」をあらかじめ全国の正規取扱店で購入しておくこともできます。

ステップ2
アクティベーションする

パッケージに同梱されているアクティベーション用のQRコードをスマートフォンなどで読み取り、アクティベーションページへアクセスします。
アクティベーションは端末の電源を入れる前に必ず行ってください。

ステップ3
ダッシュボードへログイン

端末には電池をセットせずに、FIELDCONNECTダッシュボードにアカウントを登録します。
ダッシュボードにログインすると各種メッセージの送信先や送信内容など、各種設定ができます。

ステップ4
電源を入れて使用開始

単3乾電池を端末にセットし、電源を入れるとすぐに使えます。

FIELDCONNECT AMBASSADOR

山野本 陽平

YOHEI YAMANOMOTO

日本で唯一の「山岳エンターテイナー」として、登山の魅力を多くの人に伝える活動をしている。2019年には単独徒歩で、TJARルートである日本海から太平洋まで日本アルプス縦断の経験を持つほか、日本の3000m峰全21座踏破。月間累計1,400km走って日本一になったことも。山スキーでは、厳冬期立山滑走、剱岳早月尾根(池ノ谷)滑走などのチャレンジに挑んでいる。

自身の滑落遭難経験や悲しい事故の報を見るたびに、「安全に登山を楽しんでもらうために、自分には何ができるか」ということを日々考えながら、「安全登山」のためのツールがもっと必要だと感じていたところ、FIELDCONNECTに出会う。現在地の把握やSOS発信のほか、SNSでのシェアビューなど、考え尽くされた機能が備わっており、FIELDCONNECTには「安全登山」のためのツールとして非常に可能性を感じている。

山と向き合い、そして楽しんでいる傍らで、普段は登山用品専門店の社員として登山学校を開催し、安全登山の啓蒙だけでなく、いかにして安全に登山を楽しんでもらえるか、登山の魅力の発信も行っている。一般登山、雪山やバックカントリースキー、またトレイルランニングと、何でも楽しむマルチプレイヤー。

経歴
山に育ち、山が好きすぎて、長年勤めた公務員を辞め登山用品店に転職し、北アルプスのお膝元・富山県に移住。
2019年:単独で日本海から太平洋まで10日間で日本アルプスを縦断
2020年:The Great Virtual Race Across Tennessee 世界14位(日本人1位)
2021年: 5日間をかけて日本海から剱岳を経由し、立山連峰から後立山連峰を繋いで日本海・親不知海岸までを一筆書きする「ダブルサイド立山」敢行 ・焼岳から槍ヶ岳を1日で踏破する1day穂高連峰全山縦走 ・Backyard Ultra Last SAMURAI Standing 28lap 4位
2022年:小江戸大江戸230km完走

 

FIELDCONNECT(フィールドコネクト)

¥24,000

パッケージの内訳
FIELDCONNECT端末 ¥24,000

その他にかかる費用
事務手数料 ¥3,000
月額利用料(通信料含む) ¥990/月額

※表示されているすべての金額は、特に表記のある場合を除いて税抜金額となります。

Scroll to Top