FIELDCONNECT
サービスエリア

FIELDCONNECTは、国内人口カバー率が95%(2021年11月時点)におよぶSigfoxネットワークを利用しています。
携帯電話圏外や樹林帯など衛星携帯電話が繋がりにくい場所であっても、FIELDCONNECTのサービスエリア内であればリアルタイムに位置自動送信やSOS・メッセージ送信が可能です。

FIELDCONNECTサービスエリア選択、地図の切り替えは地図画面右上のボタンから選択してください。

スマートフォンで
エリア大幅拡大

FIELDCONNECTサービスエリア外であっても、お手持ちのスマートフォンが圏内であれば、ダッシュボード内のマップ画面をスマートフォンで表示させ「手動」ボタンを押すことで、スマートフォンで取得している位置情報を手動送信することができます。これにより、FIELDCONNECTサービスエリアとご契約のスマートフォンエリアの両方の電波を合わせて使うことができ、ご利用可能エリアが大幅に広がる仕組みになっています。

各携帯電話会社のサービスエリア選択、地図の切り替えは地図画面右上のボタンから選択してください。

※サービスエリアは計算上の数値判定に基づき作成しているため、実際の電波状況と異なる場合があります。
※サービスエリア内であっても、トンネル、地下、建物の中、山間部の谷あいなどの電波の弱い場所や境界付近では、ご利用になれない場合があります。


Sigfoxとは

Sigfox(シグフォックス)ネットワークは、2009年にフランスSigfox社が提供を開始したLPWA規格の一つです。

日本国内では920MHz帯アクティブタグとして制度化されている帯域を使用したサービスを、京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)が電気通信事業者として展開しています。

Sigfoxデバイスは、1回最大12バイトのデータ(メッセージと呼ぶ)を送信する際、必ず3回のリピテーションを、周波数を変えて行う仕組みとなっています。

また、Sigfoxデバイスから送信されたメッセージは、1基地局のみと通信するのではなく、受信可能な基地局すべてで受信し、1つのデータとしてSigfoxクラウド上で管理されます。 さらに、超狭帯域(ウルトラナローバンド)通信は必要な受信帯域幅が狭いため、影響を受けるノイズ成分を抑えることができるという特長もあります。

これらの特長により、通信の安定性、耐干渉、耐障害性を高めています。


株式会社PORTALFIELDは「Sigfoxアプリケーションパートナー」です。

認定
電気通信事業届出事業者(A-03-19359)
内閣府地方創生SDGs官民連携プラットフォーム会員
IoT推進コンソーシアム会員

株式会社PORTALFIELDは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

FIELDCONNECT(フィールドコネクト)

¥24,000

パッケージの内訳
FIELDCONNECT端末 ¥24,000

その他にかかる費用
事務手数料 ¥3,000
月額利用料(通信料含む) ¥990/月額

Scroll to Top